新着情報

ハットリング工法研究会に入会しました


 
過去に発生した数多くの大地震において、液状化現象が発生しマンホールの吐出被害が確認されています。
マンホールの吐出により、救急車、消防車等の緊急車輌の通行を阻害し、人命救助・救急活動や復旧活動に大きな支障を与えてしまいます。また、下水道の機能停止により住民生活にも影響を与えてしまいます。
ハットリング工法は、地震が発生しても確実にマンホールの浮き上がりを抑えることができる工法で、簡単に対策を行うことができます。


浮上抑制ブロックは、マンホールと一体化構造ではありません。
常時は、マンホールに荷重を伝達させないため、沈下を誘発させません。
地震発生時は、マンホール自体の慣性力を増大させることはありません。
マンホールが浮き上がる時にのみ、抑制荷重(ブロック自重+埋戻土重量)が伝達されます。


詳しくは研究会HPをご覧下さい。


ハットリング工法研究会
http://www.hat-ring.info




PDFファイルのダウンロード

ハットリング工法研究会パンフレット

ADOBE READER PDF ファイルをご覧いただくためには、 Adobe Acrobat Reader が必要です。
お持ちでない場合は、アドビ社のサイトよりダウンロード(無料)してください。

前のページへ戻る